2016/01/22 19:09:22 |

家の外壁塗装は、定期的に行った方が良い家のメンテナンスです。なので、この部分のお金を出来るだけ節約したいのは誰もが一緒だと思います。私も見積もりをお願いするまではそうだったのですが、実際に色々業者に話を聞き、考えているうちに、お金が掛かっても丈夫で、のちにメンテナンスが楽な方が良いなと思い、予算をオーバーしてもそういった方向性の外壁塗装をすることにしました。

 

施工して貰ったのは、専門的なことは分かりませんが、サイディングの上に土壁のような物を再度塗り、その上から塗装をするとの方法でした。これだと、家の外壁まで一噛みあるので、次に塗料がはげたら自分で塗ることが可能なんです。

 

外壁塗装は、お金だけではかれる物ではなく、定期的に塗り直して貰うとなると、その都度業者を選定し、見積もりをして貰い、打ち合わせをして2週間ほど工事となるため、単純に結構面倒くさいんです。また、元々DIYは好きなので、次に色が禿げたら自分で好きに塗り直せるところにも興味を惹かれました。

 

次に禿げたときは自分で塗り直せるメリットがを優先したのですが、今回の塗装も完璧に行って貰い、自分で塗るときのアドバイスまで頂いて、良い業者さんだったなと思いました。

2015/06/26 16:48:26 |

住宅を新築して、10年くらい経過すると、外壁を塗り替える時期と言われています。外見上はまだきれいに見えても、風雨にさらされ塗装が劣化してきますので、一度施工業者にチェックしてもらうのがおすすめです。外壁塗装のメリットとしては、塗り替えることで、建物の防水機能を高め、家の寿命を長持ちさせることができます。
外壁塗装は、工務店やホームセンターなどで見積もりをとるのがおすすめです。その際、1社の見積もりで即決せず、いくつかの業者で見積もってもらうようにしましょう。価格的にも施工内容についても信頼できる業者との契約がおすすめです。飛び込みの営業をかけている業者もありますが、即決ですぐに契約をして、法外な料金を請求されるトラブルもありますので、しっかり内容について精査することが大切です。
同じように、住宅を新築して年数を経ると目立ってくるのが、水回りの劣化です。お風呂やキッチンなどの設備は、導入してからずっと使えるわけではなく、経年劣化しますので、給湯機やガスコンロの調子が近頃悪い、と感じたらリフォームをお勧めします。最新の設備を導入することで、コストパフォーマンスが良くなりますし、利便性も高まりますのでおすすめです。

2015/06/12 15:56:12 |

住宅を購入して10年ほどが経過すると徐々に痛みが出てきます。特に外壁は一年中雨風や紫外線があたっているためほかの部分に比べても痛みが激しくなってくるのです。
ただ、意外と外壁塗装の寿命について知っている人は少ないのです。外壁塗装の寿命はその塗料の種類にもよりますが、短いもので7年、長いもので20年ほどです。新築住宅を購入した時は普通はできるだけ安い資材や素材を使っているため、塗装についても高級な塗料は使っていることはあまり考えられません。
そこで、新築住宅を購入した場合は、10年程度で外壁塗装リフォームをする必要があります。
では、塗装をしないとどのようになるでしょうか。外壁塗装は外観を美しく魅せる役割があるという認識の人が多いようです。もちろんそれも間違いではありません。しかしながら、それ以上に重要な役割があります。それは、住宅の老朽化を防ぐ役割です。木造住宅では湿気に弱く、湿気が壁内にはいると躯体にカビが生えたり、最悪の場合にはシロアリにやられてしまいます。その結果耐震性にも問題が生じ、大きな地震が来た時には住宅が半壊ないしは倒壊する恐れがあるのです。
そこで、定期的に外壁塗装リフォームをすることで、災害が起きても安心して過ごすことができるようになるのです。

2015/05/29 19:03:29 |

我が家は今年で築20年を超えましたが、10年前に一度外壁塗装をやり直しました。
外壁塗装は顔でいうとお化粧、パックのようなもので、雨、風、紫外線などから大切な家を守っています。塗料を塗ると、塗膜ができます。これが前述のようなことから家を守っているのです。しかし、この塗膜も時間がたてば劣化します。大体外壁塗装は10年から15年に一度のペースが理想と言われています。

 

うちが外壁塗装を頼んだのは夫の後輩が工務店を経営している関係で、外壁塗装価格はかなり安くしてもらったとは思いますが、手塗りで非常に丁寧なお仕事をされてました。ご近所も大体同じころに建ったので、周りと比べてしまうのですが、機械塗りをされたところは工期も短く、はげやすいように思います。
また、どんな塗料を使っているかは素人には見分けにくいそうで、先輩後輩という間柄での信頼関係で質のいい塗料を(もちろん他の方にもそうでしょうが)使っていると豪語されてました。他の家に比べてもよくもっている方だと思います。
また、犬走のところに枯葉などがつもっているのも掃除するのは困難だし、何より屋根や壁の傷やひびわれなどで水もれするのが一番いけないのかなと思ってます。

 

あれから10年。そろそろまた考えないといけない頃になっています。また夫の後輩に頼むつもりです。

2015/05/11 17:13:11 |

新築の住宅でも、数年くらい住んでいると、さまざまな部分が劣化してしまうものです。箇所によっては放っておいても問題ないのですが、しっかりと修繕・リフォームを行うようにしないと、住宅全体に影響してしまうこともあるため、慎重に対処しなければなりません。住宅のリフォームは、専門の業者に依頼するのが原則となります。どのようなリフォームを行いたいか、十分な計画を立ててから依頼することが大切です。

 

一戸建ての住宅の場合、リフォームを行うだけでなく、外壁塗装を施すこともできます。リフォームと外壁塗装の双方を行いたい場合は、別々にするのではなく、一度にまとめてしまうと効率的です。業者の中には、リフォームと外壁塗装を取り扱っているところが増えてきているので、依頼もしやすくなっています。気をつけなければならないのは、リフォームと外壁塗装の実績が豊富な業者を探す必要がある点です。実績が乏しいところに依頼してしまうと、適切な結果が得られなくなります。

 

最初から1つの業者に絞るのではなく、複数を候補として考えていきます。それぞれの見積もり金額、対応の良し悪しを比較して、最も安心できる業者に依頼することで、確実なリフォーム・外壁塗装を行うことができます。

2015/04/28 16:55:28 |

外壁塗装をしました。自宅と離れを同時期にやりました。
外壁塗装をする前は、壁にヒビのような割れ目がところどころありました。
庭を歩いているときに、ヒビ割れのような模様がいつも気になっていましたが、外壁塗装をしてからは、どこにヒビ模様が入っていたのかさえも全く分からなくなったので、塗装業者に頼んで本格的にやってもらって良かったです。
田舎の大きな家なので、外壁塗装は、業者さんにやってもらわないとできません。
自分たちだけで自力でやれないこともなかったかもしれませんが、プロの業者は手順や仕上がり具合が全く違うので、頼んで良かったです。

 

外壁塗装をしてからは、家の印象が大きく変わりました。
言い過ぎかもしれませんが、まるで新築そっくりさんをやったかのような変身ぶりです。
自宅が蘇ったような感じになったので、外壁塗装リフォームをして本当に良かったね、としばらくみんなで喜んでいました。

 

足場は、足場の専門の業者さんが来て組みました。
ヒビ割れだけではなく、色が変な剥げかたをしているところも多かったので、素人ならば、そういう部分をどういうふうにやればいいか分からないし、わかったところで、素人が技術もないのにやっても中途半端な仕上がりになったと思います。
外壁塗装業者に頼んだことで、こういったおかしな剥げ方をしていた部分も、完璧に綺麗になったので、やっぱりプロに頼んで良かったと思いました。

2015/04/27 14:57:27 |

みなさんは自宅の外壁塗装をされた事はありますでしょうか?
もし、これまでに自宅の外壁塗装の経験が全くなかったという方でこれからも
やる必要性がないと思っている方は今後はその考えをぜひ改めて欲しいと思います。

 

それはどうしてかというと、まだ家を建てたばかりの人はあまり知らないと思いますが
家も年数が経つとかなり劣化して特に外壁の劣化具合はかなりのものになるからです。

 

それをもしお金が勿体ないという理由で外壁塗装をしないでいると家が崩れる危険性があります。ですから、これまで家を建てて特に外壁塗装をしなくても良いと思っていたという方は今後は10年ごとに外壁塗装をされる事をおすすめします。

 

それで家が長持ちします。では、どうして外壁塗装が必要になってくるかというと、
それは外壁というのは常に雨風邪に晒されているので徐々に塗装が剥げてきます。

 

それを放置しておくと雨水が外壁から浸透して家の中が湿ってきます。
そして、当然外壁の耐久力も落ちてきます。ですから、家を建ててから10年が経ったら
外壁塗装をする必要があります。

 

そして、それから10年経つごとに外壁塗装をやる事で家がずっと丈夫な状態を維持できるので外壁塗装は定期的にやるのがポイントです。

2015/04/25 15:09:25 |

念願の一戸建て住宅を購入したのですが、気になっていたのが外壁塗装のことなのです。我が家では洋風の建築をしていたのでラップサイディングを選択したのですが、気に入った色がなかったので現場塗装となってしまいました。一般的な塗装された商品よりも劣化具合が早いと感じるようになったのは2年目ぐらいだったのですが、 一部に塗料が剥がれてきてしまったところもあり、心配になってしまったので今年の初めには再塗装することを決めました。

 

自分達でも外部の手摺などを塗装していた経験もあり、塗料のことについてはある程度の知識がありましたし、その価格帯もある程度はわかっていたのです。ですから、塗装業者を選ぶ際にも、良い塗料を使って更に低価格な塗装業者を選ぶように、数社の外壁塗装業者からの見積りも取ってみました。その中でも比較的値段が安いのに、施工内容がかなり良いと思える塗装業者にお願いすることにしました。

 

今までは、塗料に3分艶しかなかったのでかなり退色してしまったのですが、今度は5分艶の塗料を使うことに決めました。我が家は使った塗料の種類はフッ素塗料です。見た目の美観もかなり変わりましたし、早めに外壁塗装をしてやはり良かったと思います。耐久性の高い塗料使ってリフォームをしたので、ある程度の期間は最塗装もいりませんし、良い塗料を選んでおいて良かったと思っています。